農作物を守れ!安全に行える家庭菜園の害獣駆除 農作物を守れ!安全に行える家庭菜園の害獣駆除

家庭菜園の現場で起こりやすい被害の例

被害に遭いやすい環境~家庭菜園は狙われやすい~

家庭菜園をしているとどうしてイタチやネズミが寄ってきやすいのか、害獣のターゲットになる原因を知りましょう。

ネズミやイタチが好む場所

家庭菜園などでエサが豊富なところ
家庭菜園をしているとネズミやイタチのエサがたくさんあって、農作物目当てに仲間を呼んで巣を作ります。家庭菜園の近くに野鳥のエサ台を置いている家庭も危険で、害獣に狙われやすい環境と言えるでしょう。そのため、住宅地にあってもイタチやネズミの被害に合う事例は多く、街中に自宅があるからといって全く変わらずリスクがあります。
安全なところ
雨、風をしのぐ小屋があったり人目がつかない屋根裏への侵入口があったりすると、そこがイタチやネズミの住処になります。巣を作って子育てすると個体数が増えるため、被害が急速に広がります。断熱材などで冬場も温かい民家なら、安心して子育てできます。また、豊富にエサがあって快適に生活できる環境なら、滅多なことでは出て行かないのが通常です。

環境によって被害を受けやすくなる

作業員

家庭菜園があると、イタチやネズミにとって格好の住処となります。エサが豊富にあるため、被害を繰り返してしまいます。ネズミ駆除業者やイタチ駆除業者に相談して住み着いている害獣対応をすると同時に、再来を防ぐ環境整備を考えましょう。

自分でできる改善方法

家庭菜園で避けた方がいい作物はありますか?
害獣は糖度が高い野菜を好むため、トウモロコシやサツマイモなど甘い野菜を避けましょう。果物もネズミやイタチのエサになりやすく、桃やびわの木がある家庭は狙われやすい傾向があります。それから、軒先で干し柿を作ったり生ゴミを放置したり、害獣のエサを提供するような行動を控えて、食べ物が少なく住みにくい環境をアピールしましょう。
簡単にできる環境改善方法を教えてください。
ネズミやイタチの発達した嗅覚を利用して、害獣が嫌う臭いで撃退しましょう。ハーブ系の香りを嫌う習性があるためハッカ油をエタノール、精製水とブレンドしたオリジナルスプレーを作成しましょう。そして、家庭菜園の周りに仕掛けます。また、害獣の侵入口になりやすい家庭菜園の隅でハーブを育てて、自然の農作物から香りを発するのもいいでしょう。

TOPボタン