農作物を守れ!安全に行える家庭菜園の害獣駆除 農作物を守れ!安全に行える家庭菜園の害獣駆除

家庭菜園に影響を与えないネズミ駆除やイタチ駆除を選ぼう

業者が行う駆除方法~家庭菜園に影響の少ない方法を選ぶ~

ネズミ駆除とは違って殺すことができないイタチ、業者に依頼した場合でも複数のアプローチが考えられます。

ネズミ駆除とイタチ駆除に共通した作業

捕獲や追い出し
イタチやネズミが嫌がる特殊な薬剤を使用して、生息区域を狭めていきます。家庭菜園や住まいの近くから、イタチやネズミがいなくなる状態が目標です。追い出しで思うような成果が出ない場合、イタチ駆除でも捕獲を検討するケースがあります。その際は、市区町村などの管轄役場で許可を得ることで、法的なトラブルを回避することができます。
侵入しにくい環境にする
ネズミやイタチの出入り口となった穴や通気口を金網などで塞いで、侵入しにくい環境にします。具体的な駆除をした後の予防策として行うことで、時間がたっても害獣が戻ってこない環境作りに役立ちます。また、侵入口が分からないと予防対策ができないので、蛍光塗料など業者だけが利用できる特殊な機器を利用した追尾調査を行う場合もあります。

ネズミ駆除のみで行う作業

薬剤の散布
ネズミを退治する薬剤を被害箇所周囲に使って、一匹残らず駆除を進める方法です。蒸気やスプレー式の薬剤を使って広範囲を一気に駆除することができるため、即効性が高く効率的に対策できます。家庭菜園やペットへの悪影響が不安な場合は慎重に検討する必要があります。そのため、業者とよく打ち合わせしたうえで実施可否を考えてください。
毒エサ
血液を固める作用があったりホルモンに作用したりする薬品をエサに混ぜ込み、ネズミ駆除をしていきます。適切な場所に設置すれば確かな駆除効果を感じますが、ネズミが警戒して食べない場合は思うような結果になりません。また、エサを食べてくれない場合には、おとりのエサを混ぜたり仕掛けたりする場所を変えることで駆除効果を高めます。

薬剤での駆除は要相談

家庭菜園に影響が出にくいように薬剤の種類を変えて対応することもできるため、業者に相談してみましょう。臭いでネズミ駆除やイタチ駆除を進める忌避剤を使う方法なら野菜に影響が出にくく、高い駆除効果を期待できます。

TOPボタン