農作物を守れ!安全に行える家庭菜園の害獣駆除 農作物を守れ!安全に行える家庭菜園の害獣駆除

ネズミ駆除やイタチ駆除を家庭菜園で行う場合の注意事項

家庭菜園に見られるネズミやイタチの被害

主婦

家庭菜園をしているとネズミやイタチの被害に合うリスクが高く、農作物に影響が出ます。収穫数が減るだけでなく健康被害やストレスなど軽視できないトラブルが不安になるので、ネズミ駆除やイタチ駆除が急がれます。

ネズミやイタチによる被害

建物や家庭菜園への被害
庭野家庭菜園に住み着いた害獣は、自宅にも影響を与えるもので、外壁や断熱材を傷つけます。また、塗装の塗り直しや断熱材のメンテナンス費用がかさむと経済的な負担が大きく、家計に重くのしかかります。駆除しないことには被害が拡大する一方で、何度業者に依頼してメンテナンスをしたところでトラブルを繰り返す結果になります。
健康被害
ネズミやイタチの排泄物は、恐ろしい感染症やアレルギーの引き金になる菌が多くいます。そのため、健康被害が心配です。また、排泄物がついた家庭菜園の野菜を食べることでもリスクがあるので、せっかく収穫した野菜が無駄になります。その他にも、身体についたノミやダニから喘息、アトピーを起こすリスクもあり、小さなお子様がいる家庭は特に注意が必用でしょう。
ストレス
家庭菜園にいた害獣が屋根裏に巣を作ると、足音や鳴き声が気になります。いつイタチやネズミが出てくるか考えるだけでもストレスで、不安な生活を余儀なくされます。排泄物が屋根裏からしみ出すくらいになると、鼻をつく臭いがします。巣を駆除しない限り何度お掃除してもすぐに汚れてしまうため、精神的ダメージが大きくなります。

被害が判断しづらい

ネズミとイタチの被害には共通点がたくさんあって、実際に姿を確認しないことには区別がつかないケースも多々あります。

正体が分からない場合のネズミ駆除やイタチ駆除

ネズミ駆除かイタチ駆除か判断できませんが依頼することは可能ですか?
ネズミ駆除業者やイタチ駆除業者に依頼すると、現地調査からはじめます。被害箇所や周辺環境をプロの目でチェックすればどんな害獣が住んでいるのか分かるため、依頼時点で分からなくても大丈夫です。イタチやネズミ、その他の害獣など被害の原因を特定してから見積もりを受け取り、実際の駆除方法を打ち合わせする流れになります。
ネズミ駆除やイタチ駆除を自分で行っても大丈夫でしょうか?
ネズミ駆除は自分で行っても法の縛りがありませんが、イタチ駆除の場合は違います。駆除にあたっては法手続きが必要になります。そのため、勝手に対策すると鳥獣保護法違反に当たるリスクがあります。しかし、ネズミとイタチが同じ場所に住み着いている可能性も高く、害獣の種類が特定できない場合には、業者に相談したうえで対応策を考えましょう。

ネズミ駆除しようとしてイタチ駆除してしまうケースも多く、自己判断は危険です。判断がつかない場合は、業者に依頼のうえ、正規フローで進めるのが王道でしょう。正しい状況判断をした後に効率的に対処するため、駆除効果も高くなります。

TOPボタン